一陸特の資格を取得することにより仕事の幅が広がる


一陸特の資格や取得方法とは

一陸特は一級陸上特殊無線技師のことをいい、陸上にある無線局で無線設備の技術的な操作が出来る国の資格です。衛星や業務無線、速度測定用レーダーを用いて通信システムの技術操作を行うことができます。携帯電話など様々な電波が発展してきましたが、携帯電話の基地局やテレビの中継、交通機関の無線施設や防災無線など多くの場面で必要な資格です。またこのような場所で仕事を探すことがすすめられます。

陸上特殊無線技師の資格には第一級から第三級まであり、一陸特の資格を取得することにより二陸上や三陸特の操作をすることが可能です。資格試験には無線工学と法規の2科目が出題され、多肢選択式で行われます。合格基準は無線工学では120点中、75点以上得ること、法規では60点満点なかったに40点取得することが求められます。

一陸特を取得することで得られるメリットやできる仕事

一陸特の資格を取得することによりテレビ中継を行う放送局や電気通信事業者、防災行政無線や無線中継所などで働くことができます。具体的には放送局では中継車などの中継設備の操作やメンテナンスを行う技術スタッフや、電気通信事業者では基地局の選定や設定を行うシステムスタッフ、またネットワークセンターなどの運営や管理をする仕事に就くことが可能です。

lotの活用によりバスやタクシーの運行管理や配送センターや大規模な工場など、様々な場面でデジタル化が進むなかその可能性はますます広がっています。今後も無線を使った仕事は拡大することが予測されており、資格取得により資格取得手当てを支給されたり仕事の幅が広がるなど多くのメリットがあります。

第一級陸上特殊無線技士の略称を一陸特といいます。国家資格で業務無線などの無線設備の操作に必要な資格です。