プラントの施工管理とは?仕事内容をチェック!


プラントの施工管理にはエンジニアの存在が重要!

ガスや石油をはじめゴムやプラスチックあるいは食品など、人々の日常生活には欠かせない製品や素材といったものは、プラントと呼ばれる工場で生産されるのが通常です。プラントでは特殊な設備や機器類が必要になるため、大規模化するケースが数多く目立ちます。プラント建設に要する予算についても、数百億から1兆円規模に達するケースが珍しくありません。

このような大規模なプラントを建設するにあたっては、プロジェクトをスムーズに遂行するためにも、徹底した施工管理が求められます。特に原価と工程そして品質と安全については、専門的な知識やスキルを備えたエンジニアの存在が必要不可欠になります。

各業種のプラントでの仕事内容とは?

一口にプラントといっても、業種によってタイプも様々。そのためプラント内で働くエンジニアに求められる技術や知識そして資格なども、幅広く多岐にわたります。

例えば建設プラントの施工管理では、プラント内で稼働する機械設備を扱う機械系の他、送配電系統や各機械を制御して、プラントへの安定した電力供給を構築する電気系の、2つの仕事がメイン。したがって電気主任技術者や電気工事施工管理技士の資格を持つエンジニアや、機械工学の知識を持ったエンジニアが数多く活躍しています。

食品プラントの施工管理の場合でも、同じく機械系や電気系の仕事が中心。ただし不特定多数の人々が口にする食品という性質上、衛生管理や異物混入防止の技術、あるいは食品製造や細菌そして化学など、幅広い知識や技術がプラント構築では必要になります。このため機械系や電気系以外のエンジニアが活躍できるチャンスも、数多くあると言えるでしょう。

プラントの施工管理は、様々な製品を扱うメーカーの工場において不可欠な業務となっており、ベテランの技術者の力が求められています。